エドラダワー- ウイスキーの日

エドラダワーってどんな銘柄?

エドラダワーはスコットランドのハイランド地方にある、「エドラダワー蒸留所」(1825年創業)で丁寧に作られたシングルモルトウイスキーです。同蒸留所は、スコットランドで最も規模が小さいことでも有名です。

2002年にボトラーズの「シグナトリー社」がオーナーになって以来、オーナーのアンドリュー・シミントンが、小さな蒸留所の精神を巧みに生かし、最高品質のオーク材で熟成させた多様なシングルモルトを生み出しています。過去には「ハウス・オブ・ローズ」や「キングスランサム」などのブレンデッド用として原酒を提供していました。

ピートの香りが際立つウイスキー

エドラダワー蒸溜所が造り出すウイスキーは、バニラ香がとても強く、芳醇なクリーミーさがあるのが特徴です。麦芽が持っている本来の香味とのバランスも良く、ハイランド・モルトの典型である爽快なピート香が際立った仕上がりが人気を博しています。

バラエティ豊かなラインナップ

エドラダワーのラインナップは限定商品も含め、多くの種類があります。ウイスキーはシリーズごとに分類されており、樽から出した状態で加水をせずにボトリングされた「ストレート・フロム・ザ・カスク(SFTC)」シリーズや、独特な芳香に凝縮された甘さを持つ貴腐ワイン「ソーテルヌ」の樽でフィニッシュさせた「エドラダワー ソーテルヌ カスク フィニッシュ」などの「ワインフィニッシュ」シリーズなどがあります。ラベルや装飾にもこだわり、さまざまなモデルをリリースしています。

リリースされている製品の中では、エドラダワーのウイスキーが入った「クリームリキュール」も有名です。

エドラダワーの商品一覧

エドラダワーブランドのスタンダードウイスキー。「冷却ろ過」という独自の工程を行っています。カルピスのような乳酸飲料に石鹸を加えたような女性的なフレグランス香と、コーヒーフレッシュのような油分があり、ミルクチョコレートのような口当たりがあります。

グラフ
ライト
リッチ
フルーティー
スモーキー
風味
    フルーティー, バニラ, ナッツ, バター, スウィート, 麦芽, リッチ, ライト
飲み方
    ストレート, ロック
アルコール度数 40%
熟成年数 ノンエイジ

4 ・チョコレートの強い甘み
・レーズンの強い後味
・とにかく甘口

かかし - ウイスキーの日
かかし
2021.11.12

ログインしていなくてもレビューできます /

最低42カ月間オロロソシェリーカスクでフィニッシュをするウイスキー。リッチで強い味わいがあり、チョコレート、ミントの香り、レーズン、オレンジの香りがあります。微かな苦味が特徴的な一本です。

容量 700ml
アルコール度数 46%
熟成年数 ノンエイジ

ログインしていなくてもレビューできます /

スコットランドの長編映画「TheFairyFlag」にちなんで名付けられた特別なシングルモルトウイスキー。バーボン樽で8年熟成させた後、新鮮なオロロソシェリー樽でさらに7年間熟成させています。豊かな果実味、チョコレート、しっかりとした味が特徴です。

容量 700ml
アルコール度数 46%
熟成年数 ノンエイジ

ログインしていなくてもレビューできます /

樽から出した状態で加水をせずにボトリングされた「ストレート・フロム・ザ・カスク(SFTC)」シリーズのウイスキー。ホグスヘッドで熟成の後、ポルトガルのマデイラ島で生産される「マデイラワイン」の空き樽で追熟したシングルモルトです。

容量 500ml
アルコール度数 58.6%
熟成年数 ノンエイジ

ログインしていなくてもレビューできます /

トスカーナで生産されるワイン「スーパー・タスカン」の樽で熟成されたシングルモルトウイスキー。丸くバランスのある味わいで、甘いワイン、ドライフルーツ、バニラの香りが特徴です。

容量 700ml
アルコール度数 46%
熟成年数 ノンエイジ

ログインしていなくてもレビューできます /

バーボン樽で10年以上寝かされた後、12年目にでボトリングされたウイスキー。強いチョコレートの香りが特徴で、コショウの効いたオークとバニラファッジの風味が広がります。

容量 700ml
アルコール度数 56.7%
熟成年数 ノンエイジ

ログインしていなくてもレビューできます /

10年間の熟成の後、シェリーバットによる熟成が加えられたウイスキー。樽から取り出したウイスキーに水を加え、アルコール濃度を調整しないカスクストレングスの製品です。シェリー由来のフルーツや華やかな香りが特徴。

容量 500ml
アルコール度数 60%
熟成年数 ノンエイジ

ログインしていなくてもレビューできます /

バローロのワイン樽で8年熟成させたウイスキー。バローロで熟成させた同ウイスキーシリーズは、10年や13年など、さらに長い年月のものもあります。

容量 700ml
アルコール度数 46%
熟成年数 ノンエイジ

ログインしていなくてもレビューできます /

シェリー樽で10年熟成させたウイスキー。フルストレングスの力強い味わいを楽しめます。濃厚なシェリー感があり、度数を感じさせないまろやかさが特徴です。

容量 500ml
アルコール度数 58.3%
熟成年数 ノンエイジ

ログインしていなくてもレビューできます /

フランスのソーテルヌ地方で作られる貴腐ワイン、「ソーテルヌ」の樽でフィニッシュさせたウイスキー。ソーテルヌは非常に甘いワインとして有名です。その樽で22年の長期熟成をほどこしています。強い甘みと南ハイランド産シングルモルトならではのスパイシーさ、そして爽やかなハーブ感が特徴です。

容量 700ml
アルコール度数 51.8%
熟成年数 ノンエイジ

ログインしていなくてもレビューできます /

カスクストレングスでボトリングされた13年熟成したシングルモルトウイスキー。本数限定で生産された希少な一本です。

容量 500ml
アルコール度数 56.4%
熟成年数 ノンエイジ

ログインしていなくてもレビューできます /

エドラダワーの商品比較表

商品画像
エドラダワー 10年 - ウイスキーの日
エドラダワー 12年 - ウイスキーの日
エドラダワー フェアリーフラッグ 15年 - ウイスキーの日
エドラダワー SFTC 10年 マディラカスクマチュアード - ウイスキーの日
エドラダワー 8年 スーパータスカンカスクマチュアード - ウイスキーの日
エドラダワー 12年 イビスコ バーボン・マチュアード - ウイスキーの日
エドラダワー 10年 シェリー バット - ウイスキーの日
エドラダワー スーパー バローロ カスク 8年 - ウイスキーの日
エドラダワー ストレートフロムザカスク シェリー・フィニッシュ 10年 - ウイスキーの日
エドラダワー ソーテルヌ カスク フィニッシュ 22年 - ウイスキーの日
エドラダワー sv sftc バーガンディf 13年 - ウイスキーの日
商品名
エドラダワー 10年
エドラダワー 12年
エドラダワー フェアリーフラッグ 15年
エドラダワー SFTC 10年 マディラカスクマチュアード
エドラダワー 8年 スーパータスカンカスクマチュアード
エドラダワー 12年 イビスコ バーボン・マチュアード
エドラダワー 10年 シェリー バット
エドラダワー スーパー バローロ カスク 8年
エドラダワー ストレートフロムザカスク シェリー・フィニッシュ 10年
エドラダワー ソーテルヌ カスク フィニッシュ 22年
エドラダワー sv sftc バーガンディf 13年
最安値
¥6,050〜
詳細を見る
¥8,800〜
詳細を見る
-
-
-
-
-
-
-
-
-
評価・評判
3.5
ライト
リッチ
フルーティー
スモーキー
(-)
(-)
(-)
(-)
(-)
(-)
(-)
(-)
(-)
(-)
風味 フルーティー, バニラ, ナッツ, バター, スウィート, 麦芽, リッチ, ライト - - - - - - - - - -
飲み方 ストレート, ロック - - - - - - - - - -
容量 500ml 700ml 700ml 700ml 500ml 700ml 700ml 500ml 700ml 500ml 700ml 500ml
アルコール度数 40% 46% 46% 58.6% 46% 56.7% 60% 46% 58.3% 51.8% 56.4%
熟成年数 ノンエイジ ノンエイジ ノンエイジ ノンエイジ ノンエイジ ノンエイジ ノンエイジ ノンエイジ ノンエイジ ノンエイジ ノンエイジ
商品リンク

エドラダワーを作るエドラダワー蒸留所の特徴

エドラダワー蒸溜所は、1825年に地元の農夫たちがアソール公から土地を借り入れして作られたことから始まります。蒸留所は保養地として有名な、パースシャーのピットロコリーにあり、明治時代の文豪である夏目漱石がロンドン留学時代の1902年に訪れた地でもあります。

また、スコットランドにある最も小さなウイスキー蒸留所とも知られており、当初生産部門のスタッフは三人で運用されたいましたが、現在は二人だけで運営されています。そのため、1週間に作られるスピリッツはわずか18樽ほどになります。

ウイスキーを作る水には、ピットロコリーの町の北に位置するベン・ブラッキー(Ben Vrackie)から生まれた泉の水を使用しています。

なお、日本では「イチローズモルト」で有名な秩父蒸溜所がこのエドラダワーをモチーフにしていることでも知られています。

最小の伝統的なスチル

蒸溜には二つの銅製スチルとワームタブが使用されています。2回目の蒸溜は、スコットランドで最も小さい伝統的なスチルで行われます。蒸留器とワームタブはどちらも銅製で、これが最終的な風味に影響するとされています。

この小さなスチルは、ウォッシュやスピリッツにさらされる銅の面積が大きくなるため、最小のスチルを使用するエドラダワーでは、スコットランドで最高のスピリッツを生み出すことができるのです。

多様な原酒樽を使用

エドラダワーでは、ヨーロッパ中から集めたさまざまな樽で熟成させ、ウイスキーを仕上げています。ブルゴーニュ、ソーテルヌ、ポート、ペドロ・ヒメネスなど、さまざまな種類の樽を使用。このように複数の樽を使うことによって、バラエティ豊なウイスキーができるだけでなく、個々のウイスキーのテイスティングや香りも多様で複雑になります。

蒸留所の見学も可能

蒸留所の見学もでき、さまざまなウイスキーを購入することができます。ビジターセンターは4月中旬から10月中旬まで営業しており、蒸留所のすべての製造工程を見ることができます。ショップ、やカフェ、テイスティングバーのほか、イベントを開催するためのホールも併設されています。

エドラダワーの基本情報

銘柄名

エドラダワー

EDRADOUR

蒸溜所 エドラダワー蒸留所
産地による分類 スコッチ・ウイスキー
関連銘柄の記事